toggle
2018-07-31

b-No.013 魂が帰る刻-とき-

魂が帰る刻-とき-

b-No.013 魂が帰る刻-とき-

爆弾を抱えて敵艦に落ちゆく零戦。愛する者を、祖国を護るため、散りゆく若き命。生きたい気持ちを押し殺し、空へと舞い上がる。最期を悟った時、心は愛する郷へ飛ぶ。生きるべき命、生かされなかった命。刹那に生きた若き魂は、日の丸と永遠に生きる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です